運動不足を実感! 車必須の地域は運動不足になりやすいのかもしれません

 

我が家が住んでいるのは、だいたいの家庭が大人1人につき車1台持っている地域です。

車がなくては、買い物にも行けないし習い事にも連れて行けません。

電車もあるしバスもあります。

でも、本数が少ないので都会のように次でいいか、というふうに出来ないのです。

 

我が家も大人3人、3台車があります。

私が働いていないので、本当は3台維持していくのは少しキツいのですが、なにしろ生活の足として毎日運転せざるを得ないので仕方ありません。

 

そのせいかどうか、出かけるときは車という認識なため、徒歩圏内に行くときもつい車に乗ってしまいます。

舅も、徒歩5分の幼馴染がやっている床屋に行くために車に乗っていきます(笑)

たまに玄関を出ていく音がしたのに車が敷地内に残っていると、何かあったのかと思って心配になるくらい。

本当は、年齢的にも車で出かけた時に心配するべきなのでしょうが。

 

 

スポンサーリンク

久々に歩いて運動不足を実感

 

先週、子どもの参観日がありました。

学校まで、子どもは歩いて通っていますから歩けない距離というわけではありません。

でも、大体の保護者は車で参観に向かいます。

 

でも、学校の駐車スペースが少ないので早く行かないと駐車出来なくなってしまいます。

それに、寒い季節は保護者の車率が高いのです。

路上駐車などもってのほかだし、また家に戻って車を置いてくるというのも面倒。

何より、車を置きにいって参観に間に合わなかったら子どもに申し訳ないです。

 

さんざん悩みましたが、天気が良かったので歩いて行くことにしました。

大人の足で20分弱。

時間ギリギリに出たわけではないのですが、遅れないように早歩きで歩いたら…。

 

学校の玄関についてブーツを脱ごうとした時に、なんと、左のふくらはぎがつってしまいました!

 

もう、子どもの下足箱の前で座り込んで落ち着くのを待つしかありません。

人目を気にしつつ、内ばきをはくそぶりをしながらしゃがんでいましたが、幸い他の保護者に見られることはありませんでした(-_-;)

 

痛かったですが、足首を動かしてみたりふくらはぎを揉んでみたりしてなんとか立つことが出来たので、やっと教室までぎこちない歩き方でたどりつきました。

もう、情けないやら恥ずかしいやらで、気持ちが疲れた参観日となってしまいました。

 

運動不足は認識していましたが、さすがにここまでとは思っていませんでした。

確かに体を動かすことはあまり好きではないし、エクササイズ的なものも続きません。

そうはいっても、日々家事をしたり買い物でもお店の中は歩いたりしているわけで、全く体を動かしていないわけでもないのに、何故これほど体力がないのでしょう。

 

やっぱり、車ばっかりだからでしょうか。

 

今日の本 「世界一やせるスクワット」

 

忙しくても少しの時間と回数で効果があるスクワットを紹介している本です。

引き寄せられる言葉が表紙にもたくさん。

「1日3分で効果絶大」

「『回数』なんて意味がない」

など、私のように運動が続かないタイプでも出来そうな魅力的なコピーが。

つい手に取ってしまいました。

 

写真やイラストが豊富でわかりやすいので、運動が苦手でも気楽に取り組めそうです。

スクワットは家の中で出来るので、寒い時や天気の悪い時にピッタリです。

逆に言うと、運動を休むのに天気を理由に出来ないとも言えますが(笑)

 

その時は情けなさから運動しようと思うのですが…続くかなあ

 

さすがに、20分歩いただけで足がつるなんて情けないと思ったのですが、日々の生活ではやっぱり車を使ってしまうし、家の中でもそれほど動くこともない毎日。

 

でも、思い出してみれば昨年の子どもの運動会。

自分はまったく走ってもいないしお手伝いの年でもなかったので、ただ子どもの写真を撮りにゴール際にかけつけて、あとは座って見ていただけなのに、とてつもなく疲れたのでした。

 

暑い中、外に半日いたというのもあるかもしれませんが、年々疲れを感じるようになってきたなあと実感。

やせる目的もあるので、せっかくその気になって買った本だし少しスクワットを頑張ってみようかなと思います。

 

本の通りの回数や時間だけでいいのなら、続けられそうな気がしてきました。

これで、続かなかったらあまりにも根性がなさ過ぎてそっちの方が情けないかも。

このまま年をとっていったら寝たきりになりそうだし、それだけは避けたいです。

習慣になるように毎日少しずつ、続けて、いけるかなあ…。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました