液だれしないオイルボトルが欲しい! 長年探していましたが、やっと納得のいくものに出会えました

 

オリーブオイルを使うことが多い我が家。

もちろん普通にサラダ油も使いますし、その他にごま油やひまわり油なども使っています。

 

最近は改良されてきていて、市販のサラダ油やごま油のボトルも、そのまま使っても液だれすることが少なくなっています。

それでも、ボトル1本使い終わるころにはベタベタしていたり、置いている場所に輪染みを作っていたりして、掃除が面倒ですよね。

 

オリーブオイルは、ボトル入りの大きいサイズを買うことも多く、重くてそのまま使うのが大変なのでオイルボトルに移し替えて使っています。

それに大きいボトルのまま使うと確実に液だれしてしまうので、液だれしにくいオイルボトルに移し替えて使った方が使い勝手がいいんですよね。

 

でも、少しも液だれしないオイルボトルってなかなかありません。

 

スポンサーリンク

「液だれしない」ではなく「液だれしにくい」ものを探す方向に考えを変えました

 

「液だれしない」オイルボトルをずっと探してきたわけですが、口コミがどうであれ使ってみないとわかりませんよね。

でも、お試しで買うにしてはそれほど安くはないので、たくさんの種類は試せません。

まずは1本ずつ買って使ってみて、「液だれしない」となってからいくつか買い足してきました。

 

そうしていくつか使ってみた結果、

 

絶対に「液だれしない」オイルボトルはない!

 

という結論に。

 

私が使ってみたオイルボトルはこちらです。

 

フランフラン

iwaki オイル差し

iwaki フタ付きオイル差し

Trudeau(トゥルードゥー)ドリップレスオイルボトル

 

この4点は、ネット上での口コミもよく「液だれしない」とか「ドリップレス」などと紹介されているので、試しに使ってみることにしました。

一度に使い比べたわけではなく、ひとつがダメになってから別のものに変えて使っていました。

それで、わかったことがあります。

 

結果としては確かにどれも「液だれしない」ボトルでした、最初は。

 

そもそも、「液だれしない」と言われると「永久に液だれしない」という思い込みをしてしまいませんか?

私は思い込んでいました(笑)

しばらく使って、洗ってを繰り返していくと、どうしたって物は劣化していくものです。

でも、「液だれしない」と言われているのでいつまでも「液だれしない」だろうと勝手に思い込んでいて、劣化して「液だれ」がはじまるとイライラして。

 

4つ使ってみてわかったのは、どれも優秀で最初は「液だれしない」ボトルだったけど、使い続けているうちに中栓のゴムが劣化したり、フタのしまりがゆるくなったりといったことは必ずあるということ。

 

最終的に「液だれ」が始まると、まるで最初から「液だれ」していたかのように感じてくるので人の感覚って怖い(私だけか)。

でも、いろいろ試して気づいたのでもう「永久に液だれしない」オイルボトルを探すことはあきらめました。

考えをシフトチェンジして、「液だれしにくい」と考えると「液だれする」時もあるから仕方ないなと思えるのではないでしょうか。

 

今日のキッチンzakka「Trudeau ドリップレス スパウト」

 

 

こちらは「Trudeau ドリップレスオイルボトル」の注ぎ口の部分です。

市販のオイルのボトルから移し替えることなく、直接注ぎ口をつけて使うというもの。

 

ボトルがついているものを使ってみて、よかったのが、

・注ぎ口のオイルの切れが一番良かった気がした

・注ぐときの傾ける加減が自分にあっていた

という点。

試した中で自分が使いやすいなと思ったので何本か買おうと考えました。

でも揃えると結構な出費に(^^;)

 

1本は持っていましたがやはり中栓の劣化があり注ぎ口からの「液だれ」というよりはボトルとの隙間から少しづつ漏れている感じがしたので、ボトルは使えるのに丸ごと交換はもったいないなと悩んでいました。

そこで調べてみると、注ぎ口だけでも売っているんですね!

これだと、ボトルは再利用できますし、他のボトルにも付け替えることができるのでオイルを移し替える手間が減りそうです。

小さなキャップもついているので、使わない時はフタをしておくこともできます。

 

ボトルを見せる収納でないならスパウトだけで十分です!

 

オイルは酸化するので、光に当てないように冷暗所での保管がいいと言われています。

我が家はシンク下の収納に置いていますが、そこだと使う時以外は見えない場所なので、ボトルをそろえるとかの見栄えを気にしなくていいのです。

 

ただ、だいたいのボトルに合うと紹介されていますが、やっぱり合わないものもあるでしょうから、試してみるまでわからないのが難点です。

ボトルの口と合いさえすれば「スパウト」だけの購入で、移し替える必要のないものも出てくるので手間がかからなくなると思います。

 

我が家の場合、オリーブオイルだけは、やはりどうしても大きいボトルで買ってしまうので移し替えが必要ですが、実はこの「スパウト」がフランフランのオイルボトルにもピッタリだったのです!

 

フランフランのオイルボトルも中栓のゴムが劣化して液だれを引き起こしていたですが、ボトル部分は劣化していないので捨てるのがもったいないと思っていました。

そこで試しにスパウトをつけてみるとピッタリ。

2階では主にこのボトルを使っていたので、慣れたボトルの注ぎ口を変えるだけで、使い勝手も変わらず無駄もでません。

 

我が家の子どもが切ったバナナにメープルシロップをかけて食べるのが好きで、このメープルシロップのボトルの「液だれ」にもイライラしていましたが、なんと我が家で使っているものについてはスパウトがピッタリと合ったので、これも解決。

今のところ「液だれ」していません。

 

長年探してきたこともあり、「液だれしにくい」使いやすい注ぎ口が見つかって本当に嬉しいです。

今度は考え方を変えたし長くつきあっていけると感じているので、劣化してきたらまた交換して使い続けたいと思います。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました